誰でも起こり得る更年期障害の症状|治療すれば改善はできる

カウンセリング

豊富な選択肢がある

ドクター

平野区の病院を選ぶのはそう簡単なことではありません。しかし選択肢が豊富にあれば、より自分に適している病院を見つけることもできるようになります。病院ごとの違いをよく理解し比較したのちに選ぶようにしましょう。

読んでみよう

病院で出来る更年期対策

婦人

人気のホルモン補充療法

更年期障害はホルモンを増やすことで改善できる病気です。ホルモンは様々な方法で増やせます。病院で増やす治療のひとつが、「ホルモン補充療法(HRT)」です。ホルモン補充療法は、更年期障害の原因であるエストロゲンを薬で増やす治療です。欧米では3人に1人の女性が、ホルモン補充療法で更年期対策をしているといいます。オーストラリアでは2人に1人がホルモン補充療法をしているそうです。日本は欧米と比較すると、更年期障害に対する意識が低いのが現状です。しかし、昔よりも更年期障害に対する認知度が高まりつつあり、ホルモン補充療法の有効性も広まっています。更年期外来という専門外来があるクリニックもあり、多くの中年女性が通院しています。

ホルモン薬の種類

更年期障害の治療であるホルモン補充療法では、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を使用します。それぞれ単体で使用する場合もあれば、両方使用する場合もあります。プロゲステロンは子宮体がんを予防する目的で投与するものです。したがって手術で子宮を摘出している人は、エストロゲン単剤の処方が基本です。エストロゲンには様々なタイプがあります。錠剤タイプは飲んで治療をします。ダイレクトに体内に入るので、短期間で更年期障害が緩和します。貼るパッチタイプと塗るゲルタイプは、錠剤タイプよりも効き目が穏やかです。しかし、胃や肝臓を通さないので、胃腸が弱い人、肝機能障害がある人に最適です。プロゲステロンは飲む錠剤タイプだけです。

体に変化を感じたら

患者と医師

糖尿病の前兆としては、体のだるさなどの体調変化を感じることがあります。そのため食生活の見直しなどの対策を行っていく必要がありますが、油ものを控えたり野菜を多目に食べたりと簡単にできる人気の対策もあるため、やり易い方法を選んでいきましょう。

読んでみよう

めまぐるしく変化する治療

看護師

自分の肝臓の状態をきっちりと把握して、なるべく感染経路に注意しながら生活していくと安心です。ほおっておいて知らない間に肝臓がんになっていた、ということにならないように、しっかりと治療することが大切です。

読んでみよう